猫どもと手仕事
 勝手にDVD感想発表会~~その6~~
2012年05月12日 (土) | 編集 |
恵庭カントリーがいよいよ目前に迫ってきました~~~~
日曜日は天気もまあまあ良さそうなので、たくさんのお客様が来ると良いなあ~~~~
ちょっと間があきましたが、大沢さんのDVD感想発表会です。。。


<ラブファイト>

大沢さん初のプロデュース作品です。

雑誌やインタビューの中で、
「プロデュースは大変以外の何物でもなかった」
「本当は出演する予定ではなかった」
ようなコメントがありました。

映画のプロデュースって、どんな役割なのか実はよくわかっていません。。。
でも、役柄がボクシングの日本チャンプですから、トレーニングもハードだったと思います。
自分の役を作って、プロデュースのお仕事もして………
・・・すごいです・・・

主人公は、北乃きいちゃん&林遣都君。
見ていて二人のコンビはとっても微笑ましい!
これもとても好きな映画の一つです。
きいちゃんの回し蹴りが素晴らしくて~~~

でも、この映画が好きな一番の理由は、浪速のおっさんボクサーがとっっっっても大沢さんにはまっているんですよ~~~
大阪弁が暖かいんですよね。
役の雰囲気も、見ていてほっこりしてきます
もちろん、ボクシングも様になっていて。。。
あれ、殴る演技より殴られる演技の方が難しいと思うんですけど、どうなんでしょう??
殴られっぷりも見事でした。。。


<眉山>

松嶋菜々子さんとの共演ですね。
以前は反町隆史さんのファンだったので、何か縁を感じます(?)

中でも、大沢さんが子供達と遊んでいるシーンが好きです。
笑顔がとってもまぶしくて~~~~

札幌の初夏のお祭りといえばYOSAKOIソーラン祭り。
チームによって曲や踊りを自由にアレンジできるので、見ていても飽きません。
それに比べて、阿波踊りって基本の踊りが決まっていて、どのチームも同じだと思っていました。
でも、違うんですね!!
それに、あの繰り返しのリズムというか響きがだんだん体の中に入ってきて。。。
踊っていると、きっと取り憑かれるというか無心になるというか「酔う」んでしょうね。
実際に見に行ってみたいなあと思いました。

でも、思ったのですが、最後のお祭りのシーン。
どう見ても本番だと思うんですけど、撮影のためだけのシーンなんでしょうか???
メイキングが気になります。。。。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック